自動運転技術は事故減少に向かうのか

2018/01/27の日経新聞に「自動運転、導入へ法整備、記録装置義務付け、政府検討、事故の責任、所在明確に。」という一面記事が掲載されていましたので、今回は自動運転について記事にしてみました。

自動運転が現実になるとタクシー運転手という職業がなくなるのでは?とウワされているのでそれについてもタクシー運転手からの意見を書いています。

自動運転の車を運転するためには

自動運転の車というとなにやら自分が思った通りに勝手に動いてくれるというイメージを持っている人が多いと思います。でも実際はいろいろと設定したり事前に操作したりする必要がありそうですね。

パソコンでもスマホでも自分が思ったことを感じ取って勝手に動いてくれることはありません。手入力だったり音声だったり、何かしら信号を送る必要があります。それと同じように自動運転の車も何かしら操作をする必要が出てくるでしょう。それらの内容によってはガソリン車を自分で運転するより難しくなるかもしれませんね。

ほかに想像できることは、完全自動運転の車を運転するための免許制度を創設しそうですね。自動運転の車を運転するためには自動運転免許証が必要になったりとか。免許制度を作れば役所の仕事が増えますし、結構現実味がある話だと思います。

自動運転の車は面倒かも

今のハイブリットカーはガソリン車よりもメンテナンスや部品点数が多いですよね。整備は町の小さな工場で簡単にできることは少なくなり、メーカー側のアッセンブリー交換が主流になっているようです。

機械というのは部品点数が多くなったり、構造が複雑になると手間やメンテナンスにコストや時間がかかってくるものです。とくに電子制御の自動運転車だと動かなくなると何がどうやって動かなくなったのか表面上では見つけることができないかもしれません。

自動運転の車は自分で運転するよりも、もっと手間ひまかけて動かす必要があるかも。車両トラブルになっても誰も対処できず大きな鉄の塊に。高速道路は自動運転のメリットを活かせますが、遠出すると帰れなくなるかもと心配になりますよね。

事故が起こる前提で話が進む

僕がイメージしていた自動運転の技術は「事故が起きない」ために開発しているのだとばかり思っていました。でも実際は事故が起きることを想定して法整備を進めているようです。

現実に事故が起きてから考えるのでは遅いのはわかりますが、事故が起きる前提の技術というのは何か残念な気がします。何か自動運転に夢がなくなったような不思議な気持ちです。

事故を起こさないための自動運転技術であってほしい

僕の意見としては自動運転というのは絶対に事故を起こさないために開発をしてほしい。自動運転というのは技術の競争なのか、市販され一般人で試されさらなる精度を求めていくのか。僕には何を目的として自動運転を開発しているのかわからなくなりました。

完全に事故を起こさないのは不可能なのはわかります。でも事故が起きても仕方なく、それよりも追いつけ追い越せで自動運転の車を推奨していくのは間違っているのではないでしょうか。

なぜ自動運転が必要なのか

技術の進歩は必要だと思います。いろんな分野で開発が進み人間の生活を豊かにするのはとても歓迎されることです。

では自動運転というのはなぜ必要なのでしょうか。車が勝手に動いたからといって何がすごいのか理解できません。今でも人が操作すれば動くのですから、とくに目新しい気がしないのは僕だけでしょうか。

事故のない社会を目指して

最近でも前橋の女子高生が事故に巻き込まれました。ほかにも数多くの自動車事故が発生しています。僕のまわりでも規模は小さいながらも事故の話は耳に入ってきます。

自動運転の技術は最終的に事故のない社会を目指してほしいと思っています。勝ってに車が動くことより、誰も事故にあわないようになることのほうが世の中のためです。

自動運転で事故が起きたと場合に、不具合があったメーカーの責任か運転者の責任かが問題になっているようです。被害者側の気持ちを想像すると、そんなことはどうでもいいから事故を起こしてほしくなかったと思っているに違いありません。

まとめ

世界のGoogleは自動運転車の自社開発を凍結しました。ただ関連会社では開発を続けているようです。いろんな思惑があると思いますが、Googleは自動運転の車はまだ早いと結論づけたような気がします。

今後の車や交通関係の将来は安全とエコがテーマだと思います。自動運転に比べて地味ですが、移動手段に安全とエコは切り離せません。交通関係はいまだに絶対安全とはいえず、車や機械もまだまだクリーンな技術に進化させられると思っています。

自動運転の技術には方向性を間違えないでほしいと願っています。

ブログ
taxi driverをフォローする
タクシー530号車よりお届けします。|タクシー運転手のブログ

コメント