日の丸交通が観光タクシーの運転手として外国人従業員を採用する件について

日の丸交通が観光タクシーの運転手として外国人従業員を採用する件について

日の丸交通が観光タクシーの運転手や従業員として外国人労働者を採用しているというニュースを聞いて、外国人にタクシー運転手が務まるのかなど問題点などを考えてみました。

タクシー準大手の日の丸交通(東京都文京区)は、外国人従業員の本格的な採用に乗り出す。来年3月までに現在の4倍強に当たる30人、東京五輪・パラリンピックが開かれる平成32年には100人まで増員する計画だ。五輪・パラリンピックに向けて急増している訪日外国人観光客と、深刻さが増している人手不足の問題に対応するのが狙い。

日の丸交通、外国人従業員の採用本格化 東京五輪までに100人に増員 観光と人手不足に対応

タクシードライバーになるには普通運転免許取得後3年と二種免許が必要

普通免許取得後3年というのはタクシー運転手を希望している外国人にとっては結構ハードルが高いですね。来日しても仕事をしないと生活できないのに3年も他の仕事をしないとならない。3年もしたら違う仕事のほうが順調になったという場合も。

タクシー運転手はお客さんを乗せて知らない道を走るので簡単に仕事をさせてしまったらお客さんの命に関わります。それに車の外の歩行者や自転車などにも影響が。

タクシー運転手になるための二種免許取得が外国人にはハードルが高いなぁと思います。

外国人運転手がいた場合のメリットはあるのか?

英語が使えるから外国人の対応が出来る。というのはあまりメリットではありませんね。

普段でも日本語が話せない人を乗せることがありますけど、住所を見せてもらうことで目的地までは問題ありません。支払いも現金やクレジットカードで支払ってもらいこれも問題なし。タクシー運転手が英語を話せたからといって普段の目的地まで送るという業務にメリットを感じません。

文化の違いを理解しながら管理できるかが重要

外国人労働者を雇った場合に一番の壁が文化の違いだと思います。言葉の違いはなんとかなりますけど、生活文化の違いは一筋縄ではいきません。

僕は英語をそれなりに勉強しましたので少しは理解できます。外国人との言葉のやり取りは実際には簡単で、本当に難しいのが相手との文化や考え方の違いです。

日本のタクシー会社の文化に外国人が合わせられるかどうかは疑問です。

日本で生まれ育った人は問題ない

日本の文化や考え方を理解するくらい日本に浸透している外国人であれば、日本のタクシー会社にすぐ馴染めると思います。でも日本のタクシー会社の勤務体系を理解して納得してくれう外国人がいるとは思えません(笑)

タクシー運転手は孤立して仕事をするのが難しい

店舗や事務所の仕事であれば近くにだれかいるので困ったことがあってもすぐにフォローに入れます。でもタクシー運転手の仕事は一人孤立して仕事をするので困ったことがあっても最初は電話対応だけになります。

外国人運転手が困ったことがあったら事務所に電話をかけたりして対応してもらえばいいのです。でも事務所側が外国人運転手にこうしてもらいたいと対応をお願いする場合はフォローすることもなかなか難しいと思います。


(孤立してるとは思えない客待ちタクシー群のイメージ画像)

外国人労働者にとっては高給になるのかも?

タクシー運転手の仕事は歩合給ですので頑張ればそれなりの給料がもらえます。そういう意味では外国人労働者にとっては高い給料がもらえる可能性がある仕事かもしれませんね。

来日する外国人の方には特殊な技能や能力を持って一般的な給料の何倍ももらっている人が多くいることは知っています。でもそうではない安い給料の仕事にしか就けない外国人も多くいます。それらの方にとっては良い給料になるのかもしれませんね。


※タクシー運転手の仕事でこんなに稼げません

観光タクシーなど普段のタクシー業務とは違う仕事なら問題なさそう

外国人運転手は日の丸交通のニュースにあるように観光タクシーなどの仕事は問題ないかもしれません。事務所からの指示やマニュアルがしっかりしている業務は会社も安心して任せられると思います。

逆にその場その場で臨機応変の対応が求められるタクシー運転手の仕事は日本人の文化や生活を理解していないと難しいと思います。

タクシーを利用するお客さんの抵抗は大きいかも

普段からタクシーに乗るお客さんはタクシー運転手とツーカーの仲で意思疎通しています。暗号のような言葉で指示されてすぐに理科できる自分は慣れてきたんだなぁと思います。

日本人は難民受け入れをしていませんし、外国人慣れしていません。最近増えてきた店舗スタッフの外国人の方。僕もスタッフが外国の方だと一瞬驚きます。でも普通に対応してくれることがほとんどですので何も問題ありませんし、とても親切だと思います。

タクシー運転手に外国人が乗っていたらお客さんは驚くと思います。ですから外国人運転手のパイオニアたちは非常に苦労するでしょう。でも少しずつ浸透させていかないと外国人がタクシー運転手の仕事をしていることもあると認知させるのは難しい。


(日本でこんなタクシーが来たら驚くだろのイメージ画像)

まとめ

外国人にもタクシー運転手の仕事についてほしいと思うが、文化の違いを理解するのが一番難しいかもしれない。

タクシーを利用するお客さん側の心構えも少しずつ認知させていかないとならない問題もある。

問題は山積みだけど少しずつでも外国人のタクシー運転手が増えるともっと便利になると思います。

ブログ
taxi driverをフォローする
タクシー530号車よりお届けします。|タクシー運転手のブログ

コメント

  1. 意欲はあるのですが外国人で保障人がいません。
    どうしたらいいですか?