タクシーの将来性に不安はあるのか?

タクシー将来性

将来が心配な若者や中高年の方は多いと思います。転職や就職を考えているなら将来性がある業界や会社で働きたいのは間違いありません。

この記事はタクシー運転手の仕事の将来性について記事にしています。景気が悪かったりライドシェアだったり自動運転だったりと何かと将来が危ぶまれているタクシー業界。でも意外と地味にやっているようにみえます。

タクシー運転手に転職を考えている方やほかにに仕事が見つからなくてタクシーでもやるかと諦めている方の参考になる記事となっています。タクシーの将来性が心配な方はぜひご覧ください。

関連記事:タクシー求人サイトは【転職道】がおすすめな理由

運転手は不足している

トラック

タクシー、バス、トラックなど車系の運転手は常に不足しています。昔からある職業ですが「運ちゃん」といった通称もあるくらいイメージが悪い。具体的に人の役に立てる立派な職業なのですがいまいち人気がありません。

今後も運転手の人手不足は解消されないでしょう。業界も人を雇うには給料を上げたり職場環境を改善するしかないと考え始めています。運送業界全体で少しずつ給料の底上げをしていくしかありません。

運転の仕事は劇的な効率改善が難しくある程度の人手が必要となる仕事です。タクシーの仕事も今が底辺で今後は環境が改善されていくかもしれません。

給料アップの可能性は低い

運転手の給料は時間が上限となってしまいます。時間の単価を上げるにしても限界があります。

たとえば物販であれば一回の注文で100個や1,000個、一万個や100万個などボリュームは無限に増える可能性があります。でもタクシーの仕事は一回の営業で得られる売上は限られています。

景気が良くても一気に売上を上げることができない仕事なのです。逆に考えれば細かい売上をコツコツ上げることができ、ある日突然注文がゼロになることはありません。

課長や部長になったりしてボーナスが増えるわけではありません。でも逆にリストラや転勤、業績不振になる可能性も低い。タクシーの仕事は給料は低いが安定した職業でもあるのです。

タクシー業界は常に業績不振です。今後も景気が悪くお客さんの数が減りずっと低空飛行の状態を継続していきます。ただ倒産や墜落する恐れはほとんどありません。一種のインフラに近い業界ですからね。

個人タクシーが目標

個人タクシー

法人タクシー運転手で仕事を10年すると個人タクシーになれます。細かい条件は抜きにすると10年タクシーをやれば個人タクシーで仕事ができるのです。

個人タクシーは個人商店のようなもの。自分のペースに合わせて仕事ができますので、売上や給料、休日や休憩は自分の都合に合わせることができます。

法人タクシーをがんばって続ける理由は個人タクシーになるための人は多いです。タクシー運転手が個人タクシーになることは独立開業することです。会社の枠組みを離れて自分の事業を持つことは満足感が非常に高いと聞きます。

タクシー運転手の目標は個人タクシーで独立開業することかもしれません。

自動運転が将来をおびやかす

自動運転無人運転やUber、ライドシェアだったりと新しいサービスはタクシー運転手の将来性に疑問を投げかけます。そこまでタクシー運転手を攻めなくてもと思うのですが、とにかくタクシー業界に食い込もうとする企業やサービスは後をたちません。

タクシーの自動運転実用化が無理なたったひとつの理由でも書いていますが、僕は自動運転やほかのサービスが今の業界を変えることはないと思っています。理由を簡単にいうとタクシーの仕事は現場仕事で人間がコツコツこなしていくローカルな仕事だからです。

今のタクシー運転手の低い給料に代替えするのも難しいですね。利益率が高いサービスだったり儲かっている業界であれば新規企業が参加してシェアを奪うことは簡単かもしれません。でもポンコツタクシーを使って安い給料でがんばっている運転手の仕事を奪うのはそう簡単ではありません。

まとめ

シルエット

タクシー運転手の将来性は安心できたものではありません。でもなんとかがんばっているので簡単に傾くこともない業界だと思っています。車や移動する必要性はなくなることはありませんからね。

爆発的に給料やボーナスがもらえることはありませんが、逆に一気に業界が傾くこともありません。タクシーは安定した公共交通機関の一種なのです。

なぜタクシー運転手が底辺やきつい仕事だと思われているのか?で書いているようにタクシー運転手の仕事は底辺です。地道なコツコツとした仕事でお給料をもらっています。華々しい仕事のような将来性はありません。

タクシーの将来性は低空飛行で飛び続けるイメージが当てはまると思いますね。

taxi driverをフォローする
タクシー530号車よりお届けします。|タクシー運転手のブログ