タクシーを早朝に予約する方法とは

タクシー予約早朝

バスも電車も動いていない朝早い時間に移動する必要があるときがあります。仕事で移動するとき、病院に向かうときや急な用事なども早朝に移動しなくてはならないときも。そんな早朝の移動に役に立つのがタクシーです。

この記事は早朝にタクシーを予約したい、呼びたい人のためにタクシー運転手が方法などを紹介しています。今すぐに呼びたい人はタクシー会社に電話しまくるしかありません。タクシーが来なくて困らないよう事前に予約できる方法やタクシー会社の事情を知っておくといざということき慌てることがなくなりますので、どうぞ参考にしてください。

関連記事:なぜタクシーは予約できないのか?

前日までに予約の電話をする

朝になって急にタクシー会社に予約の電話をしても予約できませんと断られることがほとんどです。タクシーの早朝予約は前日までに連絡してください。タクシーを利用する日程が決まっているのであれば最低でも前日、余裕があれば2,3日前に予約電話を入れておけば間違いありません。

心配だからと1週間や2周間も前に予約の電話をする人がいます。あまり予約の電話から日が空きすぎるとタクシー会社も忘れてしまうことがあります。

もし心配であれば数週間前でも日程のあたりをつけておいて前日に予約が通っているか確認電話をしておく方法が確実です。

急な早朝予約は受けられない理由

タクシーは毎日のように駅に並んでいるしヒマそうにしているから余っている印象がありますよね。だから早朝の予約も簡単にできると思ってしまうのも無理はありません。でも早朝はタクシー車両が少ないので急な手配が難しいのです。

とくに早朝は渋滞している可能性もありますし、何時までに来てほしいとか駅に何時までに着きたいなど時間の要求が厳しいですよね。予約を受けると実際のお客さんの要求に答えられない場合が発生します。予約を受けておいて約束を破るとタクシー会社もお客さんもお互いに迷惑になってしまうのです。

あとは早朝の4時、5時くらいはタクシー運転手の勤務入れ替えの時間帯になのも理由の一つです。簡単に説明すると夜に仕事したタクシー運転手が早朝から仕事する運転手と交代する時間帯なのです。

タクシー車両の交代はノータイムでできず、後片付けや準備などで1,2時間はかかります。ちょうど交代の時間帯が4時や5時くらいなので極端にタクシーが少なくなってしまうのです。予約を受け付ける配車センターも早朝は車両が少ないことを知っていますので無理に予約を受けることがないのです。

まとめ

急な早朝予約はタクシー会社は簡単に受け付けてくれません。事前に予約電話をしておくことが確実な方法です。

どうしても早朝にタクシーを利用したいなら車両台数が多いタクシー会社から電話していきましょう。台数が少ないタクシー会社より台数が多いほうが対応してくれる可能性が高いからです。

急にタクシーに乗りたくなってもどこに電話していいのか、どのタクシー会社が来てくれるのか知っていないと慌ててしまいます。タクシーは重要な生活のための交通機関です。自分の地域のタクシー会社を調べておくのと、たまに利用すると地域のタクシー事情がわかるので良いと思いますよ。

こちらの記事もおすすめ:タクシーの予約料金は地域と事業者によって異なります。

コメント