タクシーチケットの仕組みについて

スポンサーリンク
タクシーチケットの仕組み

タクシー料金の支払方法にタクシーチケットがあります。運転手に回数券のような券を渡してスピーディーに支払いを済ますことができる方法です。タクシー券やタク券と呼ばれることもありますが「チケット」が一般的ですね。

今回の記事はあまり周知されていませんが何かと便利なタクシーチケットの仕組みについて紹介させていただきます。会社やフリーランスでタクシーを利用する機会が多い方にぜひ利用していただきたい支払い方法です。

関連記事:タクシーアプリを全インストしてみたのでおすすめを紹介

スポンサーリンク

タクシーチケットとは

タクシー料金を後払いにするための証明書のこと。会社でやり取りする約束手形のようなものです。要するにタクシー料金をその場で支払わず後日まとめて支払うというシステムです。

タクシーに乗車した際にメーター料金をその場で払わずにタクシーチケットをタクシー運転手に渡します。後日タクシーチケットの会社から利用料金がまとめて請求が来るのです。

タクシー運転手側だと未収金といってまだ現金を受け取っていないという項目で処理する必要があります。現金を受け取っていないので領収書はその場で発行しません。お客様側は後日タクシーチケットの会社から領収書を受け取ってもらうようになります。

タクシーチケットの種類

タクシーチケットにはいくつかの種類がありますので紹介させていただきます。

クレジットカード会社発行のタクシーチケット

JCBタクシーチケット

キャッシュレスでタクシーをご利用できる便利なチケット。
ご利用控えが残るので、カードご利用代金明細との照合に便利です。

JCBタクシーチケットより

個人や法人で利用できるタクシーチケットです。クレジットカードを契約していれば個人でも利用できるのがメリットです。利用できるタクシーも多くタクシー会社も限定されませんので気軽に乗れますのでとても便利なチケットです。

タクシー会社発行のタクシーチケット

大和交通タクシーチケット

大和自動車交通タクシーチケット

お得意様へのお車代をキャッシュレスに。

タクシーチケットがあれば、ご利用金額を記入し、サインをいただくだけでタクシーがご利用いただけます。契約手続きも簡単。ご連絡をいただければ、担当者がご説明に伺います。

各タクシー会社が発行しているタクシーチケットです。タクシー会社間で相互利用をしている場合もありますが、基本的には発行しているタクシー会社の車両だけで利用できると思っておいたほうがいいでしょう。

デメリットは乗れるタクシー会社が限定されてしまうので車両台数が少なかったりタイミングが悪いと乗るまでに時間がかかってしまう場合もあります。メリットはタクシー会社のお得意様になりますので予約配車や迎車、困った時など優先してくれたり融通を利かせてくれる可能性があるということですね。

東京四社発行のタクシーチケット

東京四社タクシーチケット

東京四社タクシーチケット

全国に広がるネットワークをベースに、多くの企業様や官公庁様とご契約いただいております。これまでの豊富な運用実績をもとに、初めてご利用される企業・団体様にも安心してご契約いただけます。

東京四社営業委員会の発行するタクシーチケット。全国区で相互利用ができますので使えるタクシー会社は多いですね。とはいってもクレジットカード発行のタクシーチケットに比べると汎用性は低いので便利さでは劣ります。

東京地区で東京四社をメインで利用する場合に便利なタクシーチケットですね。

大手企業発行のタクシーチケット

一部上場企業などの大手企業側が自社のタクシーチケットを発行している場合があります。この場合だとチケットというより約束手形の意味合いが強くなりますね。

市区町村発行の福祉タクシー利用券

心身障害者のかたに交付されている福祉タクシー利用券も後払いの未収金という意味ではタクシーチケットといえますね。参考までに紹介させていただきます。

福祉タクシー利用券は上限金額が低く設定されていて金額を記入して利用するタクシーチケットと違いクーポン券のような利用方法が一般的です。全額福祉タクシー利用券で支払ってもいいし一部福祉タクシー利用券で支払い残りは現金で支払うという方法も可能です。

タクシーチケットのメリット

ここではタクシーチケットのメリットについて紹介と解説をしています。使ってみようか悩んでいる方の参考になると思いますよ。

交通費の精算や支払いや領収書の処理が簡単

タクシー料金をその都度支払うのでは領収書も毎回もらい処理する必要がありますので手間がかかります。領収書やレシートもタクシー会社によって様々ですしもらい忘れたり紛失してしまうことも。

タクシーチケットを利用して後日一括支払いであれば領収書の扱いや経理処理も簡単です。タクシーチケットのメリットは精算がとても簡単になるという一点につきるでしょうね。

顧客の送迎や接待で気軽に利用できる

訪問してくれた顧客や大事な取引先を送迎することは少なくないはず。その際タクシー運転手に現金で支払ってもらうのも気が引けるし、領収書をもらって精算などの手間を掛けさせるのも顧客にとってありがた迷惑な話。

でもタクシーチケットを利用すれば運転手にチケットを渡しておくだけで大事な顧客に手間を掛けることもなくスムーズな送迎が可能です。一万円札を預け領収書をもらって、などは一昔前の支払い方法。顧客にタクシーを利用してもらうにはタクシーチケットでスマートに対応するのが今の常識です。

タクシーチケットのデメリット

どんなことでもメリットとデメリットがありますよね。便利なタクシーチケットですがデメリットもありますので知っておけば困ることはありませんよ。

事前に用意しておかなくてはならない

現金であれば普段から持ち歩いているものですよね。でもタクシーチケットは契約して手元に用意しなければ使うことができません。前もって用意しなければならないという意味では気軽に利用できるシステムではありませんよね。

紛失する可能性も

タクシーチケットは名刺サイズや少し小さめで意外と小さいです。財布やポケットにしまっておいても失くしてしまう可能性があります。

とはいっても現金だとしても失くすのは問題ですよね。もしタクシーチケットを紛失したら発行会社に連絡して利用中止にしてもらうことが可能です。タクシーチケットは名刺サイズに各会社で統一してもらうともっと使いやすくなると思いますよ。

利用金額の上限がある

タクシーチケットには利用金額の上限が設定されています。1万円未満や3万円までなど様々です。

上限が設定されていると千円くらいですむところ上限いっぱいまで利用されてしまったりする可能性もでてきます。大事な顧客であれば細かいことはいわず1万円未満のチケットは1万円使ってもらう気持ちでいる必要があります。

内部利用であればある程度距離と金額を確認して必要があります。無駄な利用や私用で使っていたということもあります。後日一括精算という意味は支払日にならないと金額が把握しにくいというデメリットもありますね。

キャッシュレス社会に最適な支払い方法

キャッシュレス化に進むなかでタクシーチケットはとても便利でメリットが多い支払い方法だと思っています。クレジットカードやSuicaなど電子マネーでもいいですけど各車両に取り扱い機を設置する必要がありタクシー会社にとっては大きな設備投資費になっています。

機器の設置費用や維持費、メンテンナンス費がかからないアナログなタクシーチケットは今後見直されてもいいタクシー料金の支払い方法だと思います。

まとめ

タクシーチケットはタクシーを頻繁に利用する方であれば用意しておいて損はないツールです。会社であれば一種類くらいは用意しておくと緊急時や急な入用に役に立つはずです。

個人でもタクシーチケットを利用する方は増えています。メーター料金を記入して運転手に渡せば支払い完了ですからとても便利です。一万円札だったり小銭、釣り銭、領収書・・・手間がかかることは狭い車内でしたくありませんよね。

事前の用意が必要な以外はメリットの多いタクシーチケット。タクシーを利用する機会があるなら一度検討してみてもいいかもしれませんよ。

このブログでは「使ったことがない人向けタクシーチケットの使い方」と「タクシーチケットの購入方法を解説しています。」という記事も書いていますのでタクシーチケットのことをもっと知りたい方はぜひ。

コメント