車のユーザー車検にいってみたので感想や意見を書いてみた。

スポンサーリンク
ユーザー車検感想

以前から興味のあったユーザー車検に行ってみました。事前にネットで必要書類や点検項目などをチェックして万全の準備。あとは行き当たりばったりで注意されながら覚えるしかないと腹をくくりました。

車を持っている人にとって避けては通れない項目として車検がありますよね。車にあまり興味がなかったり面倒だったりとディーラーや近所の車検工場に依頼するのが一般的だと思います。

僕の友人や知人に聞いてみても行ったことがある人がいません。何か参考になったり教えてもらったりしたかったのに残念です。

おすすめ記事:タクシーで大暴れした弁護士のニュースについて解説とコメント

スポンサーリンク

国土交通省のサイトから予約

ユーザー車検を利用する方は国土交通省の公式サイトから予約できました。自動車検査インターネット予約システムといって簡単に登録ログインして予約できます。

普通車(登録車)はこちら→国土交通省 自動車検査インターネット予約システム

軽自動車はこちら→軽自動車検査協会 軽自動車検査予約システム

土日祝日は予約できないので注意が必要ですね。土日休みの方は有給を取らないと行けませんね。こういう休日設定はお役所という感じです。

なぜユーザー車検に行くのか?

車検の期限が近づくにつれ不安と悩みが増えてきました。車検が近くなると周囲からうちに車検を依頼してね、という誘いがチラホラと。車検って多分利益が多くお店側としてはメリットが多い案件なんだと思います。

でもこれからの車生活をしていくにあたって、車検ってどんなものなのかを知っておくと自分にとって大きなメリットだと思っていました。安い金額でやってくれるという話もありましたが、面倒やデメリットを考えても自分で行ってみたいという思いが強く、最終的には自分で車を車検場に持ち込むことにしました。

 

ユーザー車検のメリット、デメリット

簡単に自分で車検場に持ち込んでみてユーザー車検のメリットとデメリットを紹介してみようと思います。

メリット①費用が押さえれれる。

目に見えてわかる効果があります。具体的に支払う金額が少なくなるケースが多いですからね。

メリット②マイカーの状況にじっくりと向き合える。

自分の愛車の状況を詳しく知る必要があります。細かい部分がわかることによって次の買い替え時期やメンテナンス時期を検討する材料になります。

メリット③今後の購入や買い替え時期、車検時などの見積もり費用の理解が深まる。

見積書を見てもいろんな項目があってどれが必要でどれが盛られているのか分かりにくいですよね。自分で車検をすることによって実際にかかる費用を体験から身につけることができます。そうすると今後の価格交渉や見積書比較にも役立ちます。

デメリット①平日の昼間しか車検場が空いていない。

車検場は役所仕事です。平日の昼間しか受付をしていません。平日になかなか休みが取れない人にとっては難しいですね。


(土日休みのサラリーマンにはユーザー車検は難しいかも)

デメリット②時間がかかる。

車検場に持ち込むとおよそ半日潰れます。超すいていて待ち時間なしだと30分くらいで終わります。いやもっと短い時間、15分か20分で終わるかもしれません。窓口で待つ時間や車検レーンの待ち時間が結構多いです。

デメリット③車検場まで遠い。

僕の場合は意外と近かったのがユーザー車検に望むきっかけにもなっています。近所の車検工場に出すならすぐだとしても、車検場は遠いという人がいると思います。

デメリット④やっぱりなんだかんだと面倒。

お金を払って依頼する工場だと車と鍵を渡せば終了。手続きも親切丁寧に教えてくれます。でも車検場は役所なので自分で書いたり持っていったりしなくてはいけません。受付の人に聞けば教えてくれますが面倒なことは変わりません。

ユーザー車検のメリット、デメリットのまとめ

時間をかけても費用を抑えたいか、時間が取れないから費用がかかるのは仕方がないか。どちらを取るかということですね。あとは自分の車の車検は自分で行きたいという人は是非、ユーザー車検にチャレンジしてみて下さい。

ユーザー車検は思ったより簡単

ユーザー車検を終えてみて思ったよりずっと簡単でした。一発で合格して何も問題なく終えたのもありますが、書類も税金支払も自賠責も簡単でした。

車検レーンの担当者も女性の方で親切に教えてもらえ問題なく通過。書類の受付窓口のかたも丁寧に教えてくれて問題なし。場内では戸惑ったりしていましたが、車検場の方たちが親切なお陰で無事に完了しました。感謝しています。

ユーザー車検は車が整備されていさえすれば、区役所の手続きのようなものです。だれでも簡単にできます。

ただ車検レーンで車の操作がありますので、運転に慣れていない人は難しいかもしれません。

車検は通すための検査

ユーザー車検に行ってみてわかったのは、車検場は合格させるための場所だということです。警察がやっている運転試験場の試験などはなにか少しでもミスがあれば不合格。合格まで何度も足を運んでやっと合格した。そんな試験ではありません。

試験場の人たちは数多く来場する方たちをさばくのに精一杯。全員に合格して帰ってもらいたいと思っているはずです。言い方を悪くすれば、サッサと合格して帰ってくれということでしょうね。

レーンの検査の時も「なにか悪いところはないか?」という疑いの目ではなく「何も悪いところはないよね」という感覚で見ています。ですから担当者と協力して合格にこじつけるという感覚かもしれませんね。

大切なのは整備工場での点検

やっぱり工場で24ヶ月点検をやってもらうほうが最善だと思いました。昔の車は車検程度の点検をしておけば十分だったのかもしれません。でも車検が始まった時代の車といまの車ではかなり進化しています。

当たり前ですが車が進化すれば点検する項目も進化しなくてはいけません。では車検レーンの点検は進化しているのかといえば進化していないはずです。はっきりいって今の車検場の点検だけでは不十分です。

いまの時代に合った点検項目は整備工場に任せて車検場は税金を払うところだと思っておけばいいでしょう。車検に通った車は安心ではありません。きちんとした定期点検整備記録簿をつけて整備されている車が安心して乗れる車といえます。

でもこれからも自分で車検には行こうと思う。

今後、整備は自分でやったり整備工場などに依頼。車検が近づいてきたら整備がしっかりした車で車検場に持ち込もうと思っています。車検手数料を業者に払う分、整備費用にあてたほうが車の状態はよくなりますし、無駄な出費を抑えられるからです。

それに自分の車はできるだけ自分で把握しておきたいと思う気持ちもあります。お金を払って業者に丸投げというやり方もありますが、自分でやるやり方もあります。どちらがベストではなく、どちらを選択したいか?どちらが自分がやりたい方法なのか?を基準に選べばいいのです。

おすすめ記事:自転車と原付どっち買おうか検討している方へ体験談交えて教えるよ

まとめ

ユーザー車検に望み、車検ってどんなものかが少し理解できました。今後車検を業者に依頼するにしても疑問や不安をぶつけることができます。この点では僕は大きな知識を得ることができたと思っています。

忙しいし面倒だから費用を払って業者に車検を依頼する方も、少しでも車に興味があればは自分の手を動かして車検を通してみることをお勧めします。自分の車に一層愛着が湧いて今後のカーライフが楽しくなること間違いありません。

コメント