なぜタクシーチケットには三井住友VISAカードがおすすめなのか?

タクシークレジットカード

ネット社会といわれる世の中でクレジットカードを持っていることは当然かもしれません。タクシー料金の支払いやタクシーチケットの発行などでも利用でき、コンビニなどの普段使いから公共料金、旅行関連などさまざまな場面で利用できるクレジットカード。「あると便利」ではなく「ないと不便」に変わりつつあります。

この記事は個人や法人にタクシーチケットを発行している「三井住友VISAカード」がおすすめな理由を紹介しています。タクシー料金の支払いだけでなく普段からいろんなシーンで利用できますので、自分にあったクレジットカードを探している方にも最適な記事となっています。

タクシーチケットとタクシー料金の支払いについてと、三井住友カードがおすすめなポイントを3つピックアップして解説いる内容です。この記事を参考にして気に入ったクレジットカードを選んでいただけると幸いです。

※この記事は個人向け記事です。

タクシーチケット発行とタクシー料金の支払い


三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!

VJタクシーチケット

VJタクシーチケット
サインひとつで必要なときに、加盟タクシーをご利用になれるチケットです。
あらかじめチケットをお取り寄せください。

 

タクシーでクレジットカードが使えればVISAカードは使えると思って間違いありません。まれにJCBだけというタクシー会社もありますが極めてめずらしい。決済カードとしてVISAの国際ブランドが利用できる可能性は一番です。

VISAカードが使えればVJタクシーチケットも利用できます。ですが念のため乗車前にタクシー運転手にタクシーチケット利用の意図を伝えておきましょう。

三井住友カードを持っていれば簡単な審査でタクシーチケットを発行してくれます。手元に届くまでに数日かかるので前もって手配しておく必要がありますので注意して下さい。

三井住友カードのデスクに確認したところタクシーチケット支払いでもポイントは付与されるそうです。

タクシー料金の支払いで一番気になる点が使えるかどうかですよね。三井住友カードはシェアNo.1国際ブランドのVISAカードを発行しています。使えないと困るかたは三井住友カードを利用すれば安心です。

三井住友カードのタクシーチケットの詳細はこちらからご覧いただけます。

→「VJタクシーチケット|クレジットカードの三井住友VISAカード

安心・信頼のVISAブランドが便利

クレジットカードは使えてナンボ。売上高の世界シェアNo.1の国際ブランドVISAカードは持って損はありません。誰でも1枚はもっておくべきVISAのスタンダードカードが三井住友VISAカードですよね。

セキュリティ面も銀行系クレジットカード会社ですから信頼性が高い。ネットの個人情報漏洩、カードの紛失・盗難などクレジットカードのセキュリティは不安になるもの。会員専用の総合インフォメーションが充実しているのは安心して使えるクレジットカードを選ぶ基準です。

クレジットカードの売上高の世界シェアが世界No.1のVISAカードは国内旅行はもちろん、海外旅行にも安心して持っていけます。国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険も付帯。ほかにも旅行でのサポート体制が充実しているのは長年のノウハウのおかげですよね。

ゴールドカードの年会費が安い

三井住友VISAゴールドカード

スタンダードカードであれば年会費無料は当然かもしれません。でも三井住友VISAゴールドカードならゴールドカードでも簡単な条件を満たせば年会費税抜4,000円まで割引されるのです。

年会費が高いからゴールドカードへステップアップをためらっていた人も年会費を押さえながらゴールドカードを持つことができます。スタンダードカードでにはなかった充実サービスが増えるのもゴールドカードのメリットですよね。

最初はスタンダードカードを使いつつ、将来的にはゴールドカードも考えているなら三井住友カードがおすすめです。さらにその先には最高峰のプラチナカードも。普段使いから将来の目標まで充実したラインナップはメインカードにピッタリですよね。

ゴールドカードは新規入会キャンペーンでキャッシュバックを実施中です。キャッシュバックの詳細はこちらからご覧ください。

→「三井住友VISAプライムゴールドカード キャッシュバックキャンペーン


三井住友プラチナカード

電子マネー「iD」がコンビニで便利

三井住友カードiD
三井住友カード iD

タクシーを普段使うなら外出が多い証拠。コンビニでちょっとした買い物をする機会が増えるのも仕方ありません。そんな小額決済に便利に対応してくれるのが電子マネー「iD」です。

Suicaや楽天Edyと違いチャージ不要なのは残高を気にする必要がありません。小銭を出してお釣りをもらう手間よりも電子マネー「iD」を使えばスムーズに支払いが完了。コンビニのスタッフからも釣り銭を渡すより電子マネーの方が楽という話も聞きます。

少額でもチリも積もればなんとやら。月間や年間にしたら結構な金額に膨れ上がってきますよね。そんな少額から増え続ける支払金額にもポイントがたまるのが電子マネー「iD」を使うメリット。小銭もいらずにかんたん決済でポイントも貯まるなんて使わないほうが損ですよ。

ほかにも利用できるシーンが多数


「ほかにもいろいろ使えるよ」

今やクレジットカード決済は便利というより、持っていないと不便という時代に。
たくさんあるサービスの中でクレジットカード利用が便利なシーンをピックアップしました。

ネット通販

Amazonや楽天などネット通販は拡大しているようですね。少し前まで代金引換で受け取っていた時代もありましたが今はクレジットカード支払いが当然のような気がします。ネット通販を少しでも利用するのであればVISAカードを1枚持っておくといいでしょう。

携帯やスマホの月額料金

毎月の通話料や通信料はもちろんのこと、今はアプリ経由の課金も対応していますよね。通販も携帯電話会社経由ということも可能になっています。ネット系の支払いにはクレジットカードが必須ということになるかもしれませんね。

公共料金の支払

公共料金の支払いもクレジットカード払いが便利。毎月の電気、ガス、水道料金にもポイントが貯まります。年間の金額を考えたら結構な金額を支払っていますし、その分ポイントも溜まります。最初の手続きだけですので早めに公共料金のクレジットカード払いを依頼してくださいね。

ETCカード

高速道路料金の割引にはETCカードが必要になってきます。三井住友カードには追加カードにETCカードが設定されているので一緒に申し込んでおきましょう。いざという時にあると便利ですよ。

まとめ

三井住友カードはタクシー料金の支払い、タクシーチケット発行のほかにも便利な支払い方法やサービスが充実しています。持っていて損はない安心・信頼のVisaブランド「三井住友VISAカード」をぜひご利用下さい。

クレジットカードを選ぶ基準がポイント率なのは本当に正しいのでしょうか。最終的な選択基準は安心と信頼、セキュリティで間違いありません。

シェアNo.1国際ブランドのVISAカードで安心と信頼。銀行系の三井住友カードでセキュリティも安心です。

三井住友カード

実は僕も三井住友カードの愛用者です。ポイント率を優先していた時期もありましたが、結局は安心と信頼で長く利用できるカードが一番だなぁと思い三井住友カードを利用させていただいています。

写真のカードはクラシックカードAです。初年度年会費無料ですし翌年度以降も条件により無料。その条件は「「マイ・ペイすリボ」登録 & 前年1回以上のカード利用」と簡単な条件。さらに新規入会キャンペーンでキャッシュバックも実施しているのでさらにオトクですよ。

この機会にぜひ「三井住友VISAカード」を利用していただければと思います。

公式サイトやお申込みこちらからどうぞ。

→「三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!