雇用関連

タクシー運転手の雇用関連まとめ

ここではタクシー運転手の雇用関連についてまとめています。

福利厚生があるタクシー会社を選んだほうがいいです。

社会保険があるタクシー会社を選びましょう。社会保険は、健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険です。小さめのタクシー会社だと福利厚生がない場合もあるので、入社前の面接でしっかり確認しましょう。

健康診断を手配してくれる会社がいい

タクシー運転手は働く時間帯が不規則なことが多く、健康診断は必須の確認項目です。タクシー会社で健康診断を手配してくれうところを探したほうが、長い目で見て自分にとってメリットがあります。

交通費はでるの?

タクシー運転手の交通費は出たり出なかったりですね。出ても満額ではなく、固定の少額の場合があります。タクシー運転手出勤と退勤時間は早朝と深夜が多く、車や自転車といった通勤手段がほとんどです。その場合、電車代といった決まった金額にならないので、払う手間を考えると会社は躊躇してしまうようです。

学歴は不問か?

タクシー運転手に学歴は不問です。いろいろ人に言えない職を転々としてきたひとも少なくなく、良い意味で雇用の受け皿になっている面があります。学歴は気にする必要はありません。

外国籍でも雇ってもらえるか?

これはタクシー会社によるので確認してもらうしかないでしょう。ですが、一般的に日本語が堪能で日本の運転免許証を持っていて、身元がしっかりしていれば採用しないことはないと思います。

未経験でも雇ってもらえるか?

タクシー運転手に転職してくる人のほとんどは、タクシー未経験ですので心配いりません。運転の経験も問われることは少ないように思います。そもそも、タクシー運転手の仕事をしたいと応募してくる人で、運転ができない人はいないでしょう。

何歳まで雇ってもらえるか?

タクシー運転手に転職してくるケースで、未経験入社の場合に限り、年齢制限を設けているタクシー会社はあります。経験者なら何歳でも採用するところもありますので、働きたいタクシー会社に問い合わせてみるといいでしょう。

タクシー運転手として働ける年齢は75歳が今のところ一般的です。それ以上のタクシー会社もありますが、健康面で問題なければ高年齢でも雇ってもらえる会社を探してみるといいです。

必要な免許は?

タクシー運転手として仕事をするには、二種免許が必要になります。ただ、入社前に所持している必要はなく、タクシー会社の負担で二種免許を取らせてくれるケースがほとんどです。

タクシー会社負担で二種免許を取らせてもらった場合、何年以上働いてくださいねとお願いされることがありますので確認してください。

タクシー運転手の前職はどんな人が多い?

タクシー運転手に転職してくる人の前職は様々で、この職種の人が多いといったことはありません。ただ、車関係の仕事をしていた人が多いような気もします。運転経験や自動車関連で、経験が活かせると考えている人がいるようです。

保証人が必要って本当?

最近では、入社時に保証人を求められることが多くなりました。零細企業では多くありませんが、ある程度の規模になると保証人の署名が条件となる会社が増えます。

保証人を求めるような会社は、ある程度の規模と経営がされていると判断できます。

労働組合はあるか?

タクシー運転手は孤独な仕事です。労働組合が機能するかは別にして、労働組合に加入できる会社の方が何かと安心できます。入社時に労働組合の有無も確認しておくといいですね。

登録はここから⇒ タクシー会社求人サイト|転職道.com

-雇用関連