勤務形態

タクシー運転手の勤務形態まとめ

タクシーの勤務形態でよく知られているのが隔日勤務のこと。隔日勤務とは、1回の出勤で2日分の仕事時間を消化すること。

一般的に1日9時間働くとすると、隔日勤務はその約2倍の18時間を一回の勤務で働くことです。

隔日勤務は大変と思われがちですが、出勤回数が一般の半分になるので考え方によっては楽です。隔日勤務に慣れると、毎日出勤することが大変になることも。

タクシー運転手に転職を考えている人にとって、勤務時間は気になるところですよね。

タクシー運転手の労働時間、勤務時間について詳細記事は下記リンクからご覧いただけます。

タクシー運転手に転勤はない

全国展開してる会社だと、転勤は避けて通れない業務命令です。求職サイトでも条件に『転勤なし』があるくらいですので、転勤したい人は少ないのではと想像します。

僕がタクシー運転手に転職した理由の一つに、『転勤がない』ことでした。家族がいるので、気軽に勤務先を変えられません。単身赴任で行ってもいいですが、それだと何のために働いているかわからない。

今更、全国転勤した会社に努めても良いように使われるだけ。それなら転勤がない仕事を選ぼうと転職活動を始めました。

その過程で行き着いたのがタクシー運転手の仕事です。タクシーは地域に根ざした仕事です。その地域をよく知ってこそ経験が積め、お客様の信頼を勝ち取ることができます。

転職を考えている人で、転勤をしたくない人はタクシー運転手で転勤しない選択肢もあります。詳細は下記リンクからご覧いただけます。

タクシーは副業しやすい

タクシー運転手で副業している人は多いです。勤務日や時間が自由になるから、タクシー運転手をやっているのもあります。

逆に、本業があってタクシー運転手が副業という人もいます。本業であまり稼げないからタクシーもやる。本業の合間にタクシーに乗って稼ぐ。と様々な人間模様が存在します。

がんばって稼いでも給料がなかなか上がらない時代。副業も推奨されている時代ですので、自由な勤務形態のタクシー運転手をしながら、副業に手を出すのは手元に残るお金を増やすには良い方法かもしれません。

タクシー運転手の副業については、下記リンクからご覧いただけます。

タクシー運転手の勤務時間、労働時間、出勤・退勤時刻

残業、時間外労働時間

休日・休暇・連休

欠勤・遅刻・早退

有給休暇・有給消化率

日勤・夜勤

隔日勤務

正社員

契約社員

アルバイト

転勤

出勤日数

勤怠表・勤務表

登録はここから⇒ タクシー会社求人サイト|転職道.com

-勤務形態