なぜタクシーは日曜日に少ないのか?とお客さんに言われたから考えたブログ

タクシーの日曜日

最近日曜日出番のシフトになっていて毎週日曜日に出るのが苦痛です。車も道も平日と違うし、お客さんの流れも違う。1日終わってみると売上は良くない。

日中はタクシーが少ないので忙しい風にしていますが、売上を確認するとやっぱり日曜日は良くないよなぁとため息が出ます。

今回はタクシー運転手が日曜日について書いてみました。特にマニュアルや方法論ではないですよ。日記風のブログですね。

タクシーは日曜日の売上は良くない

一般のお客さんには勘違いされていますが、タクシーの売上は日曜日は良くありません。店舗やレジャー施設と同じように土日が集客売上メインの業種ではないのです。

他の記事にも書いていますが、日曜日は当然のこと連休も売上は良くありません。時々お客さんにタクシーが少ないねぇと話しかけられます。数分しか乗らないお客さんに最初から全部説明するのも難しいので、そうですねぇと曖昧に答えてお茶を濁します。

とにかくタクシーの売上は日曜日は良くないんだよぉということですね。

日曜日はタクシーに乗るお客さんが少ない

土日休みの方でレジャーやお買い物に出かけて帰りはタクシーでという方は多いです。多いというのは比較的という意味で、絶対数は少なくタクシー利用は少数派です。多くは自家用車で出かけているのです。

レジャーやお買い物帰りのお客さん達は当然他の人達もタクシーを利用して、タクシー運転手も稼ぎどきなんだろうなぁと思っています。でも実際に自分たちがタクシーに乗ろうと思ったらタクシーが全然いない。なんで?タクシー少なくない?となるのです。

渋滞情報を聞いていると土日祝日はレジャー施設や大型店舗方面の渋滞が多く発生してます。平日では考えられない方向や道路がです。ということは土日は自家用車を出して家族や友人とお出かけするというのが大多数のスタイルなのです。

自家用車で移動している限りタクシーを利用することはありません。そんな理由から日曜日はタクシーを利用するお客さんは少ないのです。

会社仕事関連、サラリーマン、病院関連のタクシー常連客が日曜日は少ないのだよ

タクシーはいろんなお客さんが乗ります。その中でもお得意さんというか常に利用される方たちがいます。それが会社や仕事関連の方、帰宅するサラリーマンやOLの方、病院に通う方、病院のお医者さんや看護師さんなどですね。

日曜日は会社がお休みの場合が多いですし、病院は日曜日休みがほとんどです。ですから普段利用される常連のお客様たちがいない。日曜日はタクシーに乗るお客さんが少ないのです。

平日でもレジャーやお買い物などのプライベートな時にタクシーを利用する方は少数派なのです。タクシーはいろんな方に利用してほしいのでプライベートで利用される方も大切です。しかし実際は日曜日に利用されるお客さんより、経実利用されるお客さんのほうが多いのですね。

平日利用している常連客がごっそりいない日曜日はお客さんが少ないのです。

日曜日は自家用車で出かけるよねぇ

レジャー施設や大型店舗などは公共交通機関をご利用くださいと必死にアナウンスしています。でもそんなお願いもお構いなし自家用車で行くことがほとんどですよね。

家族持ちの方はわかると思いますが、一人二人ならまだしも子供を連れて3,4人となると車のほうが楽です。楽というより公共交通機関を使って移動なんてしてられません。

子供がいると電車に乗ってもバスに乗ってもタクシーに乗っても騒ぎます。子供なので当然なのですが他人と一緒に乗る公共交通機関だと周囲の目が気になり結局はプライベートな空間が確保できる自家用車で出かけることを選んでしまうのです。

法人タクシーはシフトが決まっているので日曜日に出なくてはいけない

シフトや出勤日は会社によって様々ですが、隔勤と呼ばれる勤務形態だと日曜日に出勤しなくてはならない時期がかならずあります。事務所にお願いをして月、水、金のシフトで仕事ができれば日曜日に出る必要がなく売上が確保できます。

でも実際はそんな出勤の仕方は誰でも希望しているので、駄目ですと言われておしまい。しぶしぶ日曜日や連休中日に仕事をすることになるのです。

日勤、夜勤の人たちや個人タクシーは日曜日に出勤しない

普通のサラリーマンのような勤務体系のタクシー運転手は日曜日に出勤しません。他には自分でシフトが決められる個人タクシーも日曜日には出ない人がほとんどです。なぜなら売上が良くないからです。

日曜日に運転していると日勤、夜勤や個人タクシーの自由シフトは羨ましいと感じますよね。

タクシー

タクシーが少なくてもそれ以上にお客さんが少ない

日曜日はタクシーが少ないので売上は良いのではないか?と言われたりします。タクシー運転手にも日曜日はタクシーが少ないので売上が出来るという人もいます。でも僕はそうは思いません。

僕は単発的に日曜日の売上が良かったとしても、年間を通して日曜日と平日を比べると絶対に日曜日より平日の売上が良いです。それほど日曜日はタクシーに乗るお客さんが少ないのです。

タクシー運転手はできれば平日だけ出勤したいと思っている、はず

平日と日曜日のどっちか出勤してね、とお願いされればほとんどの運転手は平日出勤する方を選ぶと思います。ほとんどと言うより全員かもしれませんね。

自由に出勤を決められる個人タクシーが日曜日に少ないことを考えると、法人タクシー運転手もできれば平日だけ出勤したいというのが本音だと思います。

出来るならタクシー運転手に希望出勤日のアンケートを取ってみたいと思いますよね。

タクシー運転手も日曜日に休みたい

日曜日に出勤したくない、という気持ちもありますがそれよりも日曜日に休みたいという運転手も多いです。

家族サービスだったり友人と休みを合わせるのは日曜日が最適です。日曜日にタクシーが少ない理由はタクシー運転手も日曜日に休みたいというのが一番の理由かもしれませんね。

タクシー料金の土日手当や割増料金を導入した方がいいんじゃないか?

レジャー施設や飲食店などは平日と日曜日の料金が異なる場合があります。利用するお客さんたちも日曜日だから多少高くても仕方がないと思っています。

でもタクシー料金は平日も日曜日も同じ料金です。公共交通機関の一部だからと言えばそうかもしれません。でももうちょっと考えどころだと思いますけどね。

飛行機も新幹線も料金が変動します。タクシーも22時以降は割増料金になります。いまさら急に変更するのは難しいかもしれませんが、土日祝日は一割増しくらいにして運転手に還元しても良い気がします。

まとめ

タクシー運転手の側から日曜日にタクシーが少ない問題を考えてみました。売上が良くないのと、タクシー運転手が日曜日に休みたいからという大きく2つの理由がありましたね。

タクシー業界は古く昔からある仕事ですので今の時代に合ったサービスが提供できていないかもしれません。現状では仕方がない部分もありますし改善が難しい内容もあります。

今後は運転手にとってもお客さんにとってもより良いサービスや業界になるように改善していってもらいたいと思いますね。

僕はもうしばらく日曜日出庫が続きますので、がんばっていきます・・・

ブログ
taxi driverをフォローする
タクシー530号車よりお届けします。|タクシー運転手のブログ

コメント

  1. (日)に稼ぐなら終点までに終わらせないとダメだよね。
    朝10時に出庫して深夜1時に帰庫。64,800円